リノベーション:ワンストップサービスとは?

2018年08月29日(水)  12時00分
テーマ:リノベーション

近年、リノベーション物件が人気を集め、工事を検討されているオーナー様も増えてきているようです。

そのような中、リノベーションのワンストップサービスを行う企業が増えてきていることをご存知でしょうか?

今回は、ワンストップサービスがどのようなサービスなのか?どのようなメリット・デメリットがあるのか?詳しくご紹介していきたいと思います。

目次
・ワンストップサービスとは?
・ワンストップサービスのメリット
・ワンストップサービスのデメリット
・まとめ

1.ワンストップサービスとは?

これまでリノベーションを行う場合は、物件探しとリノベーション工事を別の会社に依頼するのが普通でした。

ワンストップサービスとは、1つの企業(窓口)に依頼するだけで、物件探しからリノベーション工事まで全てを行ってくれるというサービスになります。

さらに、資金計画やローンの申し込みまで対応してくれるので、大変便利で安心です。

2.ワンストップサービスのメリット

では、ワンストップサービスにはどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

希望通りのリノベーションが可能

物件探しとリノベーション工事が別の企業の場合、物件選びの際に希望通りのリノベーションが可能か判断しきれないことがあります。

そのため、物件購入後リノベーション会社と確認をした結果、希望通りに工事ができないと判断されることも少なくありません。

ワンストップサービスを行う企業であれば、物件の構造はもちろん、管理規約も事前に把握しています。

また、専門家が物件購入前に希望通りのリノベーションを行うことが可能か確認をしてくれますので、物件購入後にリノベーションができないことが判明する恐れがありません。

安心して物件選びをすることが可能です。

専任の担当者が対応

不動産会社、リノベーション会社に依頼する場合、複数の担当者と連絡を取り合う必要があります。

また、複数の会社へ見積りをお願いするとなった場合、手間が増えるだけでなく、情報が混ざってしまい内容を把握するのが困難になってきます。

ワンストップサービスであれば、連絡する窓口も1つですし、専任の担当者が付いてくれるので何度も同じ話をする必要もありません。

担当者に物件探しから工事・支払いに関する内容など、全てにおいて相談することが可能なので、とても便利です。

総予算から計画を立てられる

通常であれば、物件購入の予算とリノベーション工事の予算を分けて考える必要があり、どちらかがオーバーしてしまうと、もう片方も1から考え直さないといけなくなり、そうなると時間もかかってしまいます。

しかし、1つの企業で全てを完了することができるため、物件+リノベーション工事の総予算から計画を立てることが可能となります。

何度も見積りを取り直したり、どちらかを妥協する必要もなく、手間も省くことができます。

3.ワンストップサービスのデメリット

ワンストップサービスの企業に依頼する場合、大きなデメリットが存在します。

それには、不動産業界の問題が大きく関わってくるので、詳しくご説明していきます。

物件の選択肢が減る

ご自身がお住いの地域をイメージしていただけば分かりやすいと思いますが、1つの地域には複数の不動産屋さんが存在しますよね?

一般の方からすると、同じ地域なのだからどの不動産屋に行っても同じ物件を取り扱っていると思ってしまいます。

しかし、同じ地域内にある全ての不動産屋で、同じ物件を取り扱っているわけではありません。

通常であれば、売主からこの物件を売ってほしいという依頼があれば、その物件情報を積極的に他の不動産会社にも提供することが最も良い流れなのですが、物件情報を提供せずに独占してしまう不動産会社が多く存在します。

これは不動産業界では昔から問題になっていることで、この問題には【仲介手数料】が大きく関わっています。

簡単に説明をすると、売主からこの物件を売ってほしいと不動産会社(A社)が依頼を受けます。

その物件が契約されると、売主からA社へ仲介手数料が支払われます。

また、その物件の買主をA社が契約した場合、買主からも仲介手数料がA社へ支払われます。

しかし、その物件を別の不動産会社(B社)が買主と契約した場合、買主からB社へ仲介手数料が支払われ、A社は売主からの仲介手数料しか受け取ることができません。

このようなことから、できる限り利益を得たいA社が物件情報を他の不動産会社へ提供せずに、自社で買主を探し両者から仲介手数料を受け取ろうとします。

これがワンストップサービスを利用する大きなデメリットとなります。

不動産業界の実態から考えると、1つの企業でのみ物件を探すということは、大幅に物件選びの選択肢が少なくなるということになります。

様々な物件の中から選択したい方は、ワンストップサービスを行う企業だけにこだわらず、一度複数の不動産屋で物件を探してみてはいかがでしょうか?

他の企業で物件を決めても、リノベーション工事だけをワンストップサービスを行う企業へ依頼することも可能です。

4.まとめ

このように、ワンストップサービスには様々なメリットとデメリットが存在することが分かりました。

特に、初めてリノベーションを行う方にとっては分からないことだらけで、不安な点も多いかと思います。

そのような時に、ワンストップサービスを利用すれば1つの窓口で全てを完結することができますし、全てのことに関して相談することができるので、安心して利用できるのではないでしょうか?

リノベーションについてもっと知りたい方はこちら
リノベーション業者や商品タイプなど多数掲載!
リノベーション専用ページへ
関連する記事
Ⓒ 2017 賃貸経営ネット