宅配ボックスの使用方法

右上を指差している女性
2018年01月14日(日)  12時00分
テーマ:宅配ボックス

これまで、いくつかの宅配ボックスを紹介してきましたが、種類によっては使用方法が異なります。

同じ種類でも荷物の出し入れ方法に違いがあります。

今回は、様々なタイプの使用方法について詳しく説明していきます。

目次
・アナログタイプの使用方法
・タッチパネルタイプの使用方法
・非接触型タイプの使用方法
・荷物の出し入れ方法
・様々なオプション
・まとめ

1.アナログタイプの使用方法

テンキーのイラスト

アナログタイプとは、機械式(ダイヤル式・テンキー式)のことです。

アナログタイプの宅配ボックスは、配達員が荷物をボックスへ入れた後に、任意で決めた暗証番号を設定するタイプのことです。

設定した暗証番号を通知書に記入し、受取人のポストへ投函して帰ります。

受取人は通知書を確認し、記入されている暗証番号を入力して荷物を取り出します。
通知書には、「〇番の宅配ボックスへ荷物を入れました、暗証番号は0000です。」というような内容が記載されています。

通常は荷物を受け取れば完了ですが、配達員による暗証番号の設定ミスや、通知書へ誤った暗証番号を記入するなどのトラブルが多数発生しています。
そのため、宅配業者によっては電話での受取確認を行っている場合もあります。

トラブルが発生したときは、管理者が非常用錠でボックスを開錠し荷物を取り出すことができます。

2.タッチパネルタイプの使用方法

人差指でタッチしているイラスト

タッチパネルは、コンピューター制御式(電子式)に取り入れられています。

部屋ごとに暗証番号を設定しておくことができまるので、アナログタイプのように配達員が毎回暗証番号を設定する必要はありません。

アナログタイプと同様に、配達員が暗証番号を設定し、通知書を投函するタイプもあります。

配達員は荷物を入れ、受取人の部屋番号を選択するだけでいいので、暗証番号設定ミスなどのトラブルも起きません。

受取人は荷物が届いたら、事前に設定している暗証番号でボックスを開錠し、荷物を取り出します。

暗証番号は変更することができるので、定期的に変更しておくとセキュリティーも強化されます。

連絡先を登録しておくと、荷物が届いた際に通知が送られてきます。
今日中に受け取りたい荷物があれば、出先でも確認が取れて安心です。

初めて利用する方でも、操作案内の画面があるので、とても利用しやすいです。
全ての操作履歴を確認することができ、管理もしやすいです。

3.非接触型タイプの使用方法

カードキーのイラスト

最近では、非接触型の宅配ボックスも増えてきています。

非接触型には、カードキー・キーヘッド・リモコンキー・クレジットカードなどで開錠できるものがあります。

カードリーダーにカードキーをかざしたり、リモコンキーのボタンを押すだけでボックスを開錠することが可能です。

鍵には個人情報が登録されているので、暗証番号を入力するなどの操作は不要です。

また、鍵を紛失してしまった場合は、管理センターに連絡をすると遠隔で開錠してくれます。
24時間対応してくれるメーカーもあるので、安心です。

4.荷物の出し入れ方法

宅配ボックスには、同じ種類の物でも荷物の出し入れ方法が違うタイプがあります。

物件に導入する前に知っておくと、設置場所も決めやすくなり、空いているスペースの有効活用になります。

前入れ前出しタイプ

ボックスの作りはロッカーと変わりありません。
一つのボックスに対し、ドアが一つ付いています。

配達員が荷物を入れるのと、受取人が荷物を取り出すドアが同じタイプです。

後付けの場合、エントランスや屋外などの空いているスペースに設置するしかないので、壁の前に設置することがほとんどです。

そのため、既築の物件に後付けするときに、導入されることが多いタイプです。

新築の物件でも、壁に埋め込むときは前から荷物を入れて、前から取り出すタイプを選ぶこともあります。

前入れ後ろ出しタイプ

郵便ポストなどでよく見かける作りになっています。
一つのボックスに対して、ドアが前と後ろに2つ付いているタイプです。

配達員がボックスの前から荷物を入れて、受取人は宅配ボックスの裏側から荷物を取り出します。

宅配ボックスの表側と裏側に通路が必要となるため、後付けする物件には設置しにくい場合が多いです。

このタイプを導入したい場合は、必ず事前に設置場所を確認しておきましょう。
新築の物件であれば壁に埋め込むことができるので、オートロックを使用しているマンションなどは、前入れ後ろ出しタイプの場合、荷物を取り出すためにオートロックの外に出る必要がなくなり便利です。

5.様々なオプション

最新の宅配ボックスには、様々なオプション(サービス)があるようです。

メーカーによって内容は異なり、すべての宅配ボックスが対象ではないので、お気を付けください。

宅配ボックスには、オプションで様々なものが収納されています。

台車

台車に荷物が乗っているイラスト

宅配ボックスを使用するタイミングは、帰宅したときが多いと思います。

買い物帰りなどに、宅配物を受け取ると持ちきれない!なんてことも考えられます。
そんなときに台車が収納されていたらとても便利です。

非常用設備

近年、大震災の影響もあり、ご家庭でも災害グッズを用意している方が増えています。

そのため、備蓄品セットを収納するサービスを行っています。

備蓄品の賞味期限が近くなると新品に交換しに来てくれるので、管理者にも負担がかかりません。

AED

駅や店内など様々な場所に設置されるようになったAEDですが、まだマンションなどではなかなか見かけることは少ないです。

災害用設備と同様に、万が一のときにとても大切な設備です。

このように様々なオプションがあります。

その他にもクリーニングの受け渡しや、自転車のバッテリーを充電できるボックスなどもあります。

せっかくなら便利なオプションや、入居者の皆さんに喜んでもらえるサービスがある宅配ボックスを導入してみてはいかがでしょうか?

6.まとめ

宅配ボックスといっても、沢山の種類と使用方法があることがわかりました。

設置する場所に一番適切な宅配ボックスは、物件によって異なります。

人気があるからという理由で商品を選んだり、値段だけで決めてしまわないように気を付けましょう。

宅配ボックスについてもっと知りたい方はこちら
宅配ボックス業者や商品タイプなど多数掲載!
宅配ボックス専用ページへ
Ⓒ 2017 賃貸経営ネット