【最新版】入居者に人気の設備ランキング2018

2018年12月10日(月)  12時00分
テーマ:空室対策

毎年恒例となりました「入居者に人気の設備ランキング」が、今年も全国賃貸住宅新聞より発表されました。

賃貸経営を行ううえで見逃せないランキングとなっておりますので、空室対策や入居者満足の向上のために設備導入をご検討中のオーナー様は、ぜひ参考にしていただければと思います。

今回は、ランキング結果や人気設備の詳細について詳しくご紹介していきます!

目次
・入居者に人気の設備ランキング2018結果
・第1位:無料インターネット
・ランキング上位の設備
・その他の人気設備
・まとめ

1.入居者に人気の設備ランキング2018結果

「入居者から人気の設備ランキング2018」はこのような結果となりました。

2017年の結果と見比べることで、入居者が現在求めている設備がよく分かります。

長年人気の設備から、昨年はランク外だった設備も選ばれております。

人気上位の設備や、気になる設備をいくつかご紹介していきます!

2.第1位:無料インターネット

今年も「無料インターネット」が単身者向けとファミリー向けの両方で1位に選ばれました。

今回で3年連続の2冠獲得となり、無料インターネットサービスが、入居者から絶大な人気を集めていることがわかります。

さらに、単身者向けでは4年連続で1位を獲得しており、インターネット環境が現代の生活において必要不可欠な設備になったことがわかります。

無料インターネットが人気の理由

この数年間で、インターネット設備を設置しているご家庭が急激に増えてきております。

ご家庭にインターネット設備を導入する際、通常であれば個人でプロバイダと契約をする必要があり、その場合は毎月約5,000円程度の費用が発生します。

無料インターネット物件であれば、もともとマンションにインターネット設備が導入されているため、個人で契約をする必要がありません。

入居者全員が24時間いつでも無料でインターネットを利用できることが、無料インターネットサービスが人気を集める1番の理由です。

その他にも無料インターネットには様々なメリットがあります。

もっと詳しく知りたい方はこちら⇒ 無料インターネット設備のメリット

無線LANが必要とされる理由

「入居者に人気の設備ランキング」と同時に発表された「この設備がなければ入居が決まらないランキング」には、無料インターネット(Wi-Fi・無線LAN)がランクインしております。

多くの無料インターネット物件には、有線(LANケーブル使用)でしかインターネットに接続ができない設備が導入されております。

有線のみの環境では、スマホやタブレットなどのLANケーブルを接続できないデバイスは使用できないため、Wi-Fi・無線LANの設備が多くの方から求められております。

Wi-Fi・無線LANの設備がなくても、モバイルデータ通信(パケット通信)を利用してスマホやタブレットをインターネットに接続することは可能です。

しかし、モバイルデータ通信を利用する場合、携帯電話会社が提供する回線を利用してインターネットに接続するため、通信料が発生してしまいます。

毎月使用できる通信量は、契約しているプラン内容によって決まっており、使用量がオーバーすると通信速度が急激に遅くなってしまいます。

通信速度が遅くなると、様々な操作に時間がかかりとても不便です。

また、使用できる通信量を増やすと毎月の携帯料金が大幅に高くなってしまいます。

ここで役立つのがWi-Fi・無線LANです。

Wi-Fi・無線LANを利用してインターネットに接続している間は、モバイルデータ通信は利用しないため、使用量がオーバーすることもなくなり、使用量が少ないプランで契約をしていても問題なくインターネットを使用することが可能となります。

IoT化に伴う無料インターネット物件の増加

近頃、IoTが賃貸物件にも取り入れられるなど「IoTマンション」が注目を集めております。

IoTとは、様々な家具や設備にインターネットを接続し、スマホや専用のスピーカーで操作や管理ができるというものです。

様々な設備をIoT化することで、入居者の暮らしをさらに快適にすることが可能となり、入居者満足の向上や空室対策にも繋がります。

IoT家具や設備を取り入れるためには、インターネット環境が必須となるため、今後は今まで以上に無料インターネット設備を導入する物件が増えていくのではないでしょうか?

おすすめの無料インターネット設備

無料インターネットサービスの提供を開始してから18年以上の実績を持ち、85,000室以上に導入しているB-CUBICの最大の強みは、導入費用・月額費用が安価であることです。

今までコスト面で無料インターネット設備を導入できなかった・見送りにされていたオーナー様にもおすすめです!

回線は最大1Gbps(ベストエフォート型)の超高速光インターネットを採用しており、さらに遠隔監視システムを採用しているため、安定した通信環境を提供することができます。

導入物件は、単身・ファミリー物件はもちろん、大手ビジネスホテルやシェアハウスなどにも導入しており、どのような物件でも対応することが可能です。

ご入居者様専用のヘルプデスクや入居促進活動サポートなど、アフターフォローもしっかりしております。

「B-CUBIC」についてもっと詳しく知りたい方はこちら

3.ランキング上位の設備

単身者向け・ファミリー向けで上位に選ばれた設備をご紹介していきます。

宅配ボックス

無料インターネットと同様に、数年前から急激に人気を集めている「宅配ボックス」は、単身者向けで第2位、ファミリー向けで第4位を獲得しました!

一人暮らしの方はもちろん、共働きのご家庭など日中に荷物を受け取ることが難しい方から、宅配ボックスは非常に人気が高いです。

ご存知の方が多いと思いますが、宅配ボックスは荷物の受取人が不在の時に、宅配業者が荷物を預けておくことができる設備です。

宅配ボックスがあれば、受取人は24時間いつでも自分のタイミングで荷物を取り出すことができて便利なだけでなく、直接荷物を受け取らずに済むので、セキュリティー面も強化できるメリットもあります。

先ほどご紹介しました「この設備がなければ入居が決まらないランキング」の単身者向けにもランクインしております。

宅配ボックスの導入をご検討中の方はこちら⇒宅配ボックスおまかせネット

追いだき機能

ファミリー向けの第2位には、昨年3位だった「追いだき機能」が選ばれました!

複数名で生活することが多いファミリー向けの物件では、同じ時間帯に家族全員が入浴することが難しく、入浴する度に追いだきをする家庭がほとんどです。

そのため、ファミリー向けの物件には必要不可欠な設備となっております。

単身者であれば、自分のタイミングでお湯をためて入浴できるため、追いだき機能はランキングに入っておりません。

ファミリー向けならではの人気設備となっております。

エントランスのオートロック

単身者とファミリー向けの両方で第3位に選ばれた「エントランスのオートロック」は、共に昨年よりも1つランクが下がってしまいましたが、長年入居者からの人気が高い設備です。

「この設備がなければ入居が決まらないランキング」にも、無料インタ-ネットや宅配ボックスと共にランクインしており、重要度の高い設備だと考えられます。

快適な暮らしを得るためには、安全で安心できる環境は欠かせません。

今後も、よりセキュリティー強化されたエントランスのオートロックが登場すると予想されます。

エントランスのオートロックをご検討中の方はこちら

4.その他の人気設備

昨年ランク外だった設備や、その他の人気設備をいくつかご紹介いたします。

備え付け家具・家電

単身者向けで第4位を獲得した「備え付け家具・家電」は、昨年ランク外でしたが、この1年で急上昇しました!

もともと、部屋に様々な家具や家電が備え付けられているため、引っ越し時の荷物が少なく済み、新しく家具や家電を購入する必要もないため、単身赴任者、学生、外国人など身軽に引っ越したい方や短期入居希望の方から人気を集めております。

周辺物件よりも家賃が少し高くなる場合もありますが、引っ越し時のコストを抑えられることが大きなメリットです。

備え付けられている家具や家電は、物件によって異なるので事前に確認をしておきましょう。

今後、備え付け家具・家電を取り入れた単身者向けの賃貸物件が増えると考えられます。

単身者向けの物件をお持ちの方は、早めに備え付け家具・家電を検討してみてはいかがでしょうか?

太陽光パネル(入居者個別売電)

こちらも前回はランク外でしたが、ファミリー向けで第10位に選ばれました。

ここ数年で「太陽光パネル」の設備を導入する物件が増えてきております。

太陽光パネルを取り入れている物件をソーラーマンションやソーラーアパートと言います。

電気料金を抑えられることも人気の理由ですが、近年、各地で多発している自然災害に伴い、災害時でも電力を確保することが可能な太陽光パネルが注目を集めております。

災害時に大規模な停電が発生した場合、1日・2日で復旧できないことが多いため、太陽光パネルが重要視されてきております。

2018年は、台風被害に遭われ停電を経験された方が多いと思います。
そうしたことからも、人気が急増したと考えられます。

まだまだ、太陽光パネルの導入件数は少ないので、ご検討されてみてはいかがでしょうか?

防犯カメラ

単身者向けで第8位に選ばれた「防犯カメラ」ですが、セキュリティー面を考えると、どの物件にも必要な設備だと考えられます。

マンションのエントランスや、出入り口、郵便ポスト周辺、駐輪場、駐車場、ゴミ置き場など複数の場所に防犯カメラを設置している物件が多いです。

一人暮らしの方は、特にセキュリティー面を重要視している方が多いので、防犯カメラを設置していない・設置している数が少ない物件には、是非導入をご検討されてみてはいかがでしょうか?

今回ご紹介させていただいた、無料インターネットのB-CUBICでは、インターネットと一緒にセキュリティカメラを導入することで、工事費用の負担を減らすことが可能です。

詳しく知りたい方はこちら

5.まとめ

「入居者に人気の設備ランキング2018」は、このような結果となりました。

これから物件を購入される、既にお持ちの物件に新しい設備導入をご検討中のオーナー様は、今回のランキングを参考に設備選びを行ってみてはいかがでしょうか?

家賃が高い、築年数が古い、立地が悪いなど悪条件の物件でも、人気設備を導入することで付加価値が上がり、空室対策に繋がります。

周辺物件よりも先に人気設備を導入することで、より入居率を高めることが可能となります。

周辺物件に導入されている設備も把握したうえで、検討することをおすすめします。

2019年は、どのような設備が登場するのでしょうか?

空室対策についてもっと知りたい方はこちら
空室対策業者や商品タイプなど多数掲載!
空室対策
専用ページへ
おすすめの記事
記事を検索
Ⓒ 2017 賃貸経営ネット