プロパンガスの基本料金について

2018年02月10日(土)  12時00分
テーマ:プロパンガス

プロパガスにも都市ガスにも基本料金がありますが、プロパンガスの基本料金には何の費用が含まれているのかご存知でしょうか?

プロパンガスを使用している方でも、基本料金についてはあまり知らない方が多いようです。

今回は、プロパンガスの基本料金に関して詳しくご紹介していきたいと思います。

目次
・プロパンガスの基本料金
・基本料金ができた理由
・基本料金が高い理由
・検針票に基本料金の記載がない理由
・アパート・マンションの基本料金が高い理由
・まとめ

1.プロパンガスの基本料金

並べらた紙幣の横に立てられたスーツ姿の男性フィギュア3体

プロパンガスの基本料金が、都道府県やガス会社によって金額が異なることはご存知でしょうか?

またプロパンガスの基本料金は、戸建て住宅よりもアパートやマンションなどの集合住宅の方が金額が高い傾向にあります。

基本料金の全国平均は、1,800円前後となっています。

大体1,500円~2,700円で、雪が多い地域や離島などは基本料金が高く設定されているようです。

2.基本料金ができた理由

屋外に設置されているガスメーター

元々プロパンガスには基本料金はなく、プロパンガスの基本料金が定着し始めたのは1980年前後からだそうです。
そのためからか、なぜ基本料金を支払わないといけないのか?と思う方も少なくないようです。

そもそもプロパンガスは、ボンベ1本〇〇円という方法で販売されていました。
その時代には、ガスメーターもついていませんでした。

しかし、ガス会社が点検に来た際に、ボンベにガスが残っているにも関わらず、空でしたと偽りボンベを持って帰ってしまうというトラブルが多数発生しました。

これが大きな問題となり、解決するためにガスメーターが取り付けられ、ガス料金を基本料金と従量料金にわけることで明朗会計になり、トラブルの数を激減させることができました。

プロパンガスの基本料金は、トラブルを防止するために取り入れられたということです。

3.基本料金が高い理由

トラックの荷台に複数のガスボンベを積んでいるイラスト

基本料金の平均金額が1,000円前後の都市ガスと比べると、プロパンガスの基本料金は非常に高く感じますよね?

プロパンガスの基本料金が、都市ガスよりも高いのには理由があります。

プロパンガスの基本料金には、様々な費用が含まれているのです。
今回は、その中からいくつかご紹介していきます。

ボンベの配送費

プロパンガスは、地中のガス管を通して各家庭までガスが供給される都市ガスとは異なり、ガス会社が各家庭までボンベをトラックで運んで交換する必要があります。

そのため、人件費やトラックのガソリン代など様々な費用がかかってしまいます。

都市ガスより基本料金が高い一番の理由だと考えられます。

その他には ・・

◆月1回の検針費用

◆ガスメーターの維持費
10年に1度交換する必要があります。

◆保安管理費用
ガス漏れなどが発生した際に駆け付けるための費用

◆警報器のリース費用

このように、基本料金と言っても様々な費用が含まれています。

4.検針票に基本料金の記載がない理由

ガス料金の請求書イラスト

検針票を見てみると、ほとんどのガス会社が基本料金を記載していません。

なぜ基本料金を記載しないのか?一番の理由は従量単価を明確にしないためだと思います。

ガス会社が従量単価を自由に変更できる料金システムのため、基本料金を記載しておくと利用者に従量単価が簡単に分かってしまいます。
不透明な値上げを行うガス会社からすると、検針票に基本料金を記載しないほうが非常に都合がいいと考えられます。

全てのガス会社が、そのような理由で記載していないわけではありませんが、そう捉えてしまわれても仕方ありませんね。

5.アパート・マンションの基本料金が高い理由

青空と二棟のマンション

戸建て住宅とアパートやマンションなどの集合住宅では、同じ地域でも200円程度基本料金の平均金額に差があります。アパートやマンションの基本料金が高い理由として、以下のことが考えられます。

無料貸与契約

プロパンガスの場合、ガス会社を切り替える際に、無償貸与契約というものがあります。

簡単に説明すると、ガス会社を切り替える際に発生するガス管の整備費や、給湯器など様々な設備の設置を行う費用を、ガス会社が負担するというものです。
負担するといっても、無料と考えるよりもリースと捉える方が分かりやすいかと思います。

実際には、ガス切り替えの際にガス会社が負担した費用を、一定期間基本料金に上乗せして費用を回収しているということです。

そのため、契約期間が定められており、契約期間内に他のガス会社に切り替えると違約金が発生します。

アパートやマンションの基本料金が高い一番の理由だと思います。

その他には ・・

◆戸建て住宅よりプロパンガスの使用量が少ない。

◆入退居が多く、閉栓・開栓に人件費がかかる。 ガス代未払いのまま退居する人が多い。

など、様々な理由から戸建て住宅よりも基本料金に費用が上乗せされているようです。

6.まとめ

基本料金という言葉は、色々なところで耳にしていて聞き慣れていますが、詳しく見てみると基本料金には様々な費用が含まれていることが分かりました。

基本料金というシステムが当たり前になってきており、詳しく知らないまま契約してしまう方も多いのではないでしょうか?

毎月の支払金額だけを見ると少しの金額ですが、長く使用するものであれば大きな差が生まれます。

プロパンガスの切り替えをご検討中の方は、基本料金についてもしっかり把握しておきましょう!

プロパンガスについてもっと知りたい方はこちら
プロパンガス業者や商品タイプなど多数掲載!
プロパンガス専用ページへ
Ⓒ 2017 賃貸経営ネット