新電力をおすすめする3つのポイント

point1 電気料金が安くなる

弊社提携の賃貸物件共用部に特化した新電力会社に切り替えていただくだけで、年間5 ~ 10%もの電気料金を削減することが可能です。また、新電力への切り替えに関する初期費用や新たな設備投資も不要、新電力会社に直接お申し込みする際の事務手数料も発生せず、お客様に一切のデメリットはありません。

毎月の電気料金を削減!

point2 電気の品質はそのまま

新電力会社に切り替えても、停電が増えたり、電力供給が不安定になったりということは一切ありません。従来通り、電力会社の送電網を使って電気をお届けいたしますので、電気の品質や信頼性は変わらず、安心してご利用いただけます。

point3 面倒な手続き不要

お客様には契約書をご記入いただくだけで、現在ご契約中の電力会社の解約などはすべて弊社が代行いたしますので不要です。また、特別な工事や電気を使えない時間はほどんどありません。※スマートメーターへの取り換えが発生する場合、 取り換え工事や一般的な停電が発生する場合もございます。

そもそも電力自由化って?

2016年4月より全てのお客様が小売電気事業者を自由に選んで契約することが可能になりました。
従来の電力会社以外にも多様な選択肢が生まれ、お客様のニーズに合った電力会社を選ぶことができるようになりました。
新規参入した電力会社は「新電力」と呼ばれ、多様な料金プラン、魅力的なサービスを展開おります。

2016年4月より、電力の小売の完全自由化

切り替えても、電力会社の送電網を使って電気をお届けいたしますので、停電が増えたり、電力供給が不安定になったりということはありません。
今まで通りの品質で安心してご利用いただけます。

電気料金の仕組みは意外と簡単!

電気料金は“基本料金”、“従量料金”、”燃調調整額”、“再生可能エネルギー賦課金”の大きく4つで構成されています。
“基本料金”は契約上使用できる最大の電力量に応じて算定されます。
その他にも使用する電力量によって様々な料金体系がありますが、ここでは賃貸物件の多くが契約を結んでいる低圧電力を軸に仕組みをご説明いたします。

電気料金の大部分は従量料金の変動によって上下

月額利用料金

低圧電気料金の仕組み(動力)

※① まったく電気を使用されない(使用電力量が0kWh)場合の基本料金は、半額になります。
※② 27月1日から9月30日までの使用電力量は夏季料金を、その他の期間はその他季料金を適用いたします。
※③ 電気機器の力率をそれぞれの入力によって加重平均して得た値が 、85%を上回る場合は、基本料金 を5%割引し、85%を下回る場合は、基本料金を5%割増します。まったく電気を使用されない(使用電力量が0kWh)場合のそのひと月の力率は85%なります。

弊社にお任せいただいた削減事例

マンション共用部 47世帯 の場合

マンション共用部 23世帯 の場合

お申し込みからご利用開始までの流れ

STEP1

検針票を提出

電気料金の明細(検針票)をご用意いただきます。※1ヵ月~12ヵ月

STEP2

料金シミュレーション

電気料金の削減シミュレーション見積もりをご提案させていただきます。

STEP3

ご契約

新電力会社・ご契約内容をご確認いただき、お申し込みをしていただきます。

STEP4

切り替え完了

電力会社で準備が整い次第、電力の切り替えを行います。

新電力に関するよくある質問

現在ご契約の電力会社が一般電気事業者の場合は、ほとんど契約解除料等はありませんが、お客様の契約状況によっては契約解除料等がかかるケースもございます。切り替えの前に一度、現在ご契約の電力会社にご確認ください。

今までと同様の送電網を介して電力供給が行われるため、停電の起こる可能性や電気の品質は今までと変わりません。 また、小売電気事業者が供給力不足になった場合であっても、系統全体で一般送配電事業者が需給バランスを維持する(一般送配電事業者がその不足分の補給を行う)ため、十分な電力を調達できていないことをもって消費者に対する供給が停止されることはありません。

現在の一般電気事業者(2016年4月1日以降は一般送配電事業者)が管理・運営する既存の送電線・配電線を経由して電気が送られてきますので、新しく自宅に電線が引かれることはございません。

新電力会社が現在の電力会社への連絡をいたしますので、お客様によるお手続きは不要です。

新電力会社のプランによって様々です。

新電力会社によってできる会社とできない会社があります。できない会社は切り替わった後に契約者の変更をお願いいたします。

低圧の需要家様に置かれましては、スマートメーターの設置有無にかかわらず、供給開始は検針日切り替えとなります。
基本的にはお申し込み(電力会社受付日)から次月の検針日にて切り替えが可能となりますが、スイッチング処理などで次々回検針日の切り替えとなることがございます。

クーリング・オフを行う場合には、下記の内容を十分にご確認ください。
①当社からの勧誘を受け、申込書により契約を締結した日(その日の前に「特定商取引に関する法律」第4条または第18条の書面を受領した場合にあっては、その書面を受領した日)から起算して8日を経過する日までの間は、書面により契約のお申し込みの撤回または契約の解除を行うことができます。
②契約のお申し込みの撤回または契約の解除があった場合、当社はその契約のお申し込みの撤回または契約の解除に伴う損害賠償、または違約金を請求いたしません。

メーターの設置は、各地域の一般送配電事業者によって行われます。
新電力への切り替えには必ずしもスマートメーターが必要となるわけではございませんが、最初の切り替え時に、まだスマートメーターへの取り替えが済んでいないお客様には、一般送配電事業者が取り替え工事を行います。お客様側では、メーター取り替えのための手続きは不要で、必要に応じて送配電事業者側から日程などの連絡が入ります。また、費用負担は原則発生いたしません。